Sponsored Link

秋元司画像

(この記事は2分で読めます)

環境副大臣や国土交通・復興副大臣などを歴任し将来が期待されていたものの収賄容疑の疑惑で騒動となっている、

衆議院議員の秋元司氏に注目し、高校大学など学歴
経歴、そして所属する派閥
を調べどんな方なのかリサーチしてみたいと思います。

Sponsored Link

秋元司衆議院議員の出身高校・大学とプロフィール!

プロフィール
秋元司画像

名前:秋元司(あきもとつかさ)
生年月日:1971年10月23日
年齢:48歳(2019年12月現在)
出身地:東京都江東区
前職:国会議員秘書
現職:衆議院議員

秋元司議員の出身高校は?

武岡台高校画像

 

秋元司議員は東京都の出身ですが小学校に上がるころには鹿児島へ家族が転居したようで学校は高校まで鹿児島の学校で学んでいますね。

出身の高校は鹿児島県立武岡台高等学校です。

偏差値2020年度版では「62~63」となっていました。
歴史は古くありませんが国立・私立とも大学進学者の多い進学校です。

以下は最新2019年度の大学別の主な進学者数です。

鹿児島大学55名
熊本大学3名
宮崎大学5名
青山学院大学2名
関西大学3名
福岡大学32名
鹿児島国際大学65名

地元の進学者が多いのは当然でしょうね。

秋元司議員の出身大学は?

秋元司議員は高校卒業後は大東文化大学へ進み上京しています。

大東文化大学画像

大学への進学は2年間の浪人後の21歳で進学しています。

学生時代から政治家を志ざしていたわけではなく、実業家を目指していたようですね。

大学在学中からベンチャー企業を立ち上げて起業しており、政治家との関わりはこの時期の仕事の取引先に政治の関係者がいたため、

選挙の手伝いをしたのがキッカケで政治に関心を持ち始めたそうです。

Sponsored Link

秋元司議員の経歴とは?

秋元司議員画像

秋元司議員は大学2年の時に衆議院議員の秘書になっています。
大学を辞めたわけではなくて学業と秘書を兼ねて、大学の方は

しっかり卒業していますね。

其ののち小林興起衆議院議員の第一秘書となり2004年7月に初めて
国政選挙(参議院選挙)に自民党から出て見事当選しています。

その後議員としての経歴(職歴)は以下の通りです。

2007年8月 防衛大臣政務官(安倍内閣)
2012年12月 衆議院選挙(東京第十五選挙区 江東区)当選
2014年12月 衆議院選挙(東京第十五選挙区 江東区)当選
2016年9月  衆議院内閣委員長 就任
2017年9月 国土交通副大臣 内閣府復興副大臣 就任
2017年10月 衆議院選挙(東京第十五選挙区 江東区)当選
2018年10月 環境副大臣 内閣府副大臣 就任

選挙は初めて挑戦した参議院選挙から数えて4回連続当選ということで選挙に強いですね。

政治家は選挙に強くないと出世しないといいますから、資質十分ですよね。

秋元司衆議院議員の自民党での所属派閥は?

 二階幹事長画像

秋元司議員は自民党内において、幹事長を長年務め、党を牛耳っていると言われる実力者の二階幹事長の二階派に属しています。

当然副大臣などの要職が早かったことも、このことが関係していると思われますね。

しかし、報道通り、法に触れることを、もし本当にしていたとしたら、能力があっても人脈があっても水泡に帰すと思いますね。

これから事実が明らかになってくると思いますが、今後も注目していきたいと思います。

秋元司衆議院議員の評判とは?

昼のワイドショー「ひるおび」の中で政治評論家の田崎史郎さんは
秋元司衆議院議員へのコメントをもとめられると、こう言いました。

政治家には「あの人に限って、そんなことを(贈収賄関係)する人ではない」と言われる政治家と「あの人ならやってもおかしくない」と思われてる政治家がいるが、

秋元司議員は後者なんですよ。

世間の反応は!


Sponsored Link