消防本部職員-盗撮容疑で逮捕,何と職場が大変な時に!?!?
Sponsored Link

福島県の郡山地方広域消防本部総務課職員、加藤孝英容疑者(30)が女子トイレに盗撮目的でカメラを設置したとして、

5月7日午後10時25分ごろ建造物侵入と県迷惑防止条例違反の疑いで福島県警郡山署に逮捕された。

Sponsored Link

逮捕容疑

先月(4月9日の午後2時30分ごろから翌日10日午前
9時30分ごろに渡って盗撮目的で郡山市堂前町の郡山地方広域消防本部の女子トイレ個室内に小型のカメラを設置した疑い。

職員の女性が発見し、通報、捜査の結果同容疑者が浮かび上がったもの。

職場が大変な時とは?経過と状況

郡山地方広域消防本部によりますと、加藤孝英容疑者が同行為をこなった4月9日は同本部の区域内である郡山市田村町で山林100ヘクタール以上を焼く火災が発生しており、同消防本部か多くの職員で出動、同本部内にいた職員が少ないときであった、という。
とんでもないですよね。仲間の同僚たちが命懸けで火を消そうと働いているときに、同僚女子の盗撮を行うという考えが普通ではありませんね。

本人の供述

郡山署によりますと、本人は「魔がさした」と容疑をみとめているもよう。

郡山地方広域消防本部のコメント

加藤孝英容疑者は「魔がさした。大変申し訳ない」とはなしており、事実確認を行ったうえで処分する。

とコメントしている。

感想

最近、盗撮やのぞきなどのニュースが結構、多いんですよね。どういう風潮なんでしょうか?
最近の特徴として、高学歴の男性による、そうした手合いの犯罪が増えている統計が出てるそうです。

しかし、先月でしたかね。中学校の女性教諭が男子生徒に

キスをして、懲戒免職処分されたっていう事件もありましたよね。
その時の女性先生曰く「好意があり、いけないことだと分かっていたが気持ちを抑えきれなかった」
とコメントしています。

まあ。人間、だれしも間違いはありますが、子供を教育する立場の者が子供の心に傷をつけるような行為をするとは

、そもそも仕事に対する使命感の欠如といわれてもしかたないですよね。プロ意識に欠けているということです。

ちょっとした浮気とかとわたしは次元が違うと思います。

なげかわしいことですよね。

「消防署員が自分に火をつけて炎上して、どないすんねん!」と言いたい心境の今日このごろです。

Sponsored Link