Sponsored Link

河井案里画像

(この記事は2分で読めます)

毎日のようにニュースに登場する河井案里参議院議員と夫の河井克行衆議院議員ですが、自民党を離党し逮捕が

近いと言われていますがどうなるのでしょうか?

ところでいつもテレビなどを通して見るお二人ですが、特に河井案里議員の雰囲気というか顔の表情などが独特ですよね。

かなり良い所(実家)の出身なんでしょうか?
いわゆる「お嬢さま」育ち?非常に気位が高そうですね。

何となく気になります。

出身実家)や旧姓、そして、どんな学歴あるいは経歴の持ち主なのか?そしてお二人の結婚の馴れ初めなどが気になりますね。

調べてみました関心のある方はご覧あれ!!

Sponsored Link

河井案里議員の出身実家(旧姓)は?

河井案里議員の出身(生まれ)は予想外の九州、宮崎県の延岡市でした。
ちょっと意外な気がしました。

プロフィール

名前:河井案里
旧姓:前田案里
生年月日:1973年9月23日
年齢:46歳(2020年6月18日現在)
出身地:宮崎県延岡市

宮崎県はお父様の故郷のようですね。
東京で建築家として働いていたものの体調が思わしくなくて故郷に帰って設計事務所を開いていたようですが、案里さんは故郷に帰ってから誕生しています。

旧姓は「前田案里」ですね。

実家は設計事務所をしていて地元で有名な建造物なども手掛けてしばらくは順調だったもののバブル経済の崩壊などによって経営が悪化、商売替えをして焼き肉屋などの飲食業をいくつか手掛けましたが、あまり成功しなかったようです。

後に娘さんの案里さん曰く「父は飲食店経営をなめていた」と語っっていたそうです。

さほど裕福といえる実家ではなかったようですね。

すると人を見下したような(あくまでも私個人の私見です)あの雰囲気は、本来の彼女の性格、個性なんでしょうか?

Sponsored Link

河井案里の学歴と経歴とは?

河井案里の学歴

河井案里さんの学歴ですが、まず宮崎市内の宮崎大学教育学部付属幼稚園に入園
この宮崎大学教育学部付属幼稚園は宮崎で唯一の国立幼稚園です。

そして小、中学校も、宮崎大学教育学部付属小学校、宮崎大学教育学部付属中学校に入っています。

そして高校ですが、県立宮崎大宮高等学校に進学、卒業しています。
この高校偏差値の高い進学校です。

どうやら秀才だったようですね。
高校時代はスポーツや文化部などの活動ではなくて、もッパラ生徒会の活動に忙しく携わっていたそうですよ。

政治活動の下地になったのでしょうか?・・・

ちょうど案里さん高校生の頃に父親の建築事務所の仕事がバブル崩壊の影響で難しくなり飲食業などをいろいろやったものの上手くいかなかったようで、後に

東京に戻り建築家として務めにもどったようですね。

そうした実家の経過もあってか案里さんは高校卒業後、東京の慶応義塾大学
総合政策学部に進学しています。

卒業後は大学院へ進んで政策・メディア研究科修士を修了しています。
この大学院での研究は具体的に言うと「政策と民営化、民間活力の導入」とのことですから、学生時代から政治に関心があったようですね。

この大学院の一期下に橋本龍太郎元総理の息子の橋本岳衆議院議員がいます。

河井案里の経歴

慶応義塾大学大学院を終了後から河井案里さんは普通の人とは違う方向へ進みますが当人は希望通りだったのかもしれません。

何と霞が関の天下り先である「科学技術振興集団」(現科学技術振興機構)に就職しているんですね。

何かを生産、産出するわけではない官庁の既得権益の世界へ自ら足を踏み入れたわけです。

人並みの平凡な幸せを求めるような、そんな人ではなかったと思われますね。
何かの偶然でそうなったのではなくて、自ら進む道を選んだのでしょう。

河井克行氏との結婚の馴れ初めは?仲人が凄い大物!

河井克行との結婚の馴れ初めですが、案里さんの方が結婚相手を探していたそうです。

そうした案里さんに知人が紹介したのが松下政経塾第6期生で政治家を目指していた河井克行氏です。

同じ慶應義塾大学の法学部政治学科出身です。

案里さんにとっては自分にピッタリだと思ったと思われますね。
2001年に結婚しています。

案里さん28歳の時です。

先ほど、大学院の1期下に橋本岳衆議院議員がいると紹介しましたが、
河井案里さんと河井克行さんの仲人は橋本龍太郎元総理です。

政治家人脈を学生の頃から築いていたのでしょうか?

そして夫は広島県議から衆議院議員に、案里さんも広島県議から参議院議員に
と思惑通りに日の当たる場所を順調に歩んで参ったようですが、

ここにきて思いもしない事態に不本意にも至ってしまったのでしょう。

いったい何が原因なのでしょうか?

何が間違っていたのでしょうか?

夫婦でよ~くよく考えていただいて、再出発していただきたいですね。

Sponsored Link