「桜を見る会 」の何が問題点なのか?わかりやすく!まとめ

(この記事は2分で読めます

ここ最近テレビのニュースや報道番組で桜を見る会
関する報道が大々的になされています。

野党などがこぞって、この問題に目の色を変えて追及せんと
してる姿が実に奇妙に映って仕方がありません。

詳しい事情がわからない私などには「何を騒いでいるのか?」がサッパリわからないのです。

1国の総理大臣が近しい人や功績者などと共に「桜を見る」ぐらいするでしょう。

国費で?・・と言いますが、それぐらいの権限がないような
ら総理大臣なんかやれませんよ!

と思ってしまうんですが私みたいに思う人、結構おられると思うんですね。

そこで何が問題なのか?
調査し整理しわかりやすくまとめてみたいと思いました。

気になってる方は是非、暇つぶしに読んでみてくださいね。

Sponsored Link

わかりやすく説明!「桜を見る会 」とは?

「桜を見る会 」とは安部総理が始めたの?始まりは

桜を見る会 画像

「桜を見る会」は安部さんが総理になって始めたものではありませんでした。

調べてみたところ始まったのは昭和27年(1952年)です。
当時の吉田茂総理大臣が始めた行事です。

日本の総理大臣が主催する政府公式の行事です。

したがって基本的に毎年行われている行事です。

吉田茂首相とは戦後の混乱した日本をサンフランシスコ条約などを締結したりし政治的にも経済的にも復興に尽力し多大な貢献が評価されてる総理大臣です。

桜を見る会の目的や参加費用は?

「桜を見る会」開催の目的については次のように定められています。

各界の文化、芸上、スポーツ、政界などで功績や功労があった人を総理大臣が招待し、招待客を慰労し懇談する

招待者の基準は?

上の目的にどんな人を招待するのか。おおまかに書いてますが、もっと具体的に知りたいですね。

開催要項というものに、こうありました。

「招待範囲」

  • 皇族、元皇族
  • 各国大行使等
  • 衆・参両院議長及び副議長
  • 最高裁判所長官
  • 国務大臣
  • 副大臣及び大臣政務官
  • 国会議員
  • 認証官
  • 事務次官等及び局長等の一部
  • 都道府県の知事
  • 議会の議長等の一部
  • その他各界の代表者等

その他各界の代表者として芸能人あるいはスポーツ選手、囲碁、将棋界
等々が呼ばれるんでしょうね。

安部総理の後援界の人たちも特に頑張ってくれてる人、数人ぐらいは呼んであげたいですよね。(自分がもし総理だったらという目でもみるべきだと)

それが何百人とか何千人となったら、「安部さん少し控えるべきじゃないですか」という意見をして次回は考えていただくと、いうことで済む問題では

と思ったりするんですね。

Sponsored Link

招待者の参加費用は?

招待客に振舞われる飲料、食べもの、お酒などの参加費用は
無料。

但し宿泊費や移動の交通費等は参加者の個人負担となっていました。

「桜を見る会 」の場所や時期について

新宿御苑 画像

上の画像の東京「新宿御苑」(しんじゅくぎょえん)で
毎年、桜の見ごろの4月中旬ごろに行われています。

桜の名所100選にも選ばれている場所ですね。
新宿御苑駅から3~5分ほどでいけるアクセスもよいところです。

もちろん広く一般にも開放されていますので、誰でも楽しめます。

東京在住の方は知ってると思いますが、ディズニーランドよりも広い、大きな敷地ですから大勢での花見にもうってつけなわけですね。

桜を見る会の掛かっている費用はどのくらい?

2019年(今年)の参加人数は約18,000人で支出費用は約5518万
となっています。

政府の公式行事ですから、これくらいは掛かるでしょうね。
しかし年々費用も招待客数も増え続けているそうです。

野党はこれらを問題にしているのかな?

 

桜を見る会の何が問題なの?

何が問題なのか?私などにはサッパリわからず、国会はもっと
重要な問題が山積みだろう?と首を傾げるんですがね

年々増加する費用が問題か?

 桜を見る会費用図 画像

このように費用が増えているというのが一つの問題となっているようです。

これはある程度は物価も上昇してゆくわけですから上がってゆきますよね。
急激に倍とか、3倍とかいう話ですか?

そして、これまた上り幅が大きすぎると感じるなら、その旨考えてもらうように一言国会の中で注意すればよいことではないんですかね。

何かの法にでも触れて悪いことをしたかのような騒ぎぶりに見えますよ。

安部総理が行事を私物化している?

安倍総理の後援会員の参加人数が多くて選挙対策などに利用しているのでは?

といった声があるそうです。

その中には「桜を見る会」の前日に都内のホテルで「前夜祭」を開催しているが、それにまで国費が使われているのでは?

という疑惑が持たれているようです。

前夜祭の費用は個人負担で希望者のみの参加となっていますが、会場のニューオータニで会費5000円では不足するはずで
政府が補填しているのでは?

といった疑いもかかっている ようですね。

そして招待者の中に反社会勢力も含まれているとかサギ的な商法で破産した人とか、どこで調べてくるのか、わかりませんが

全野党が今、この問題に血眼になっていますね。

おおむね以上が問題とされている事柄のようです。

招待者が2万弱ですか、一人一人を総理大臣がチェックできるわけないですよ。
他の大事な仕事が出来ないじゃないですか。

世間の反応は?

野党やマスコミは今、この問題で大騒ぎしていますが、世間の
一般の人々の思いは、どうなんでしょうか?

もし安倍総理のやり方に「重大な問題だと」思ってる方が多いとしたら、直近の支持率は大きく下がるはずですね。

結果は「ごく、わずかの下がり」です。

日本維新の会前党首の橋本徹氏はこの問題について、こう言及しています。

野党や一部メディアが鬼の首を取ったように大騒ぎした首相主催の「桜を見る会」問題。にもかかわらず、直近の世論調査では安倍政権の支持率はごくわずかしか落ちていない。野党はこの現実を直視するべきではないか。

マスコミは安部総理や菅官房長官などの説明に納得できないと
強調していますが、内閣支持率の減少幅がそれほどでない事にはふれません。

「国民の判断はおかしい」という人もいるほどです。

日本国民の絶妙なバランス感覚がわかっていないようです。安倍総理が本当に重大な悪事を行った時には支持率は大幅に下がるはずですし、選挙では大敗するでしょう。

わたしもリサーチした後の今でも思うんです。

何をそんなに大騒ぎしているの?とね。

ジャーナリストの木村太郎は「直撃LIVEグッディ!」でこう発言しています▼

この話ね、基本的に何の違法性があるのかって、本来功績のある者を呼ぶ「桜を見る会」にその資格のない者を呼んで、公費を使った「財政法違反」であると。

これが一番根っこにある話…だったら告発すればいいんですよ、東京地検特捜部に。

こんな話を国会議員がね、議会でやることじゃないですよ。もっとやってもらいたい話があるんだもん。審議拒否だとかなんだって言う前にね、日米貿易協定の話やってください。

衆議院でたった17時間しか討議してないんですよ。「反対だ」って言って、討議してないの。もう自民党が単独審議やって通しちゃうって言ってる。これだけ問題がある日米協定を、それでいいんですかって。

あとで審議もしないで「あれは反対でした」って言ったって、野党の存在意義ないですよ。こんなことやめて、そっちをやってもらいたい

まったく、その通リだと思いました。
ジャーナリストにも的確な判断力のある人がいるのは救いです。

今のメデイアの人たちに言いたいですね。

「何でも周りの雰囲気に流されて自分の考え、判断がないようでは
話になりませんよ」とね。

世界第三位経済大国のトップがそのくらいの行事ぐらい、そら、するでしょう。

あなたは、どう思われますか?

最後まで見ていただき感謝です。

Sponsored Link