(この記事は2分で読めます)

昨日のnews23(夜11時~)で三重県志摩市のすし店が特集されました。

その店は小さな過疎の島にあるそうです。

お客は会員だけで東京など大都市の富裕層だそうで何とヘリコプターで食べにいくそうですよ。

その鮨店の場所や入会金・年会費そして申し込み方法などを調べてみました。

Sponsored Link

三重県のヘリで行くすし店の場所はどこ?

鮨裕・禅(SUSHI-YUTAKA/ZEN)

代表者:保利勇一

所在地: 〒517-0703 三重県志摩市志摩町和具4442
電話: 0120-379-188
上の住所は間崎島という島です。

お店のホームページには次のような案内文が

伊勢志摩。美しい自然に囲まれた離島に・・・
東京からVIPヘリで95分・賢島から船で10分

そうです。東京・大阪・名古屋などの契約専用ヘリポートからヘリで
三重の賢島へ賢島から船でお店の有る間崎島に行くことになります。

鮨裕・禅の入会金・年会費と申し込み方法は?

鮨裕・禅(SUSHI-YUTAKA/ZEN)は会員制となってます。

入会金:250万円

年会費:36万円

一番一組だけの会員制寿司店

鮨裕・禅の申し込み方法!

入会申し込みはホームページで行うことが出来ます。

鮨裕・禅 ホームページ

鮨裕・禅(SUSHI-YUTAKA/ZEN)

ホームページ右上の「ご入会方法」をクリックすると

入会案内やお問合せ先、資料請求等ができます。

鮨裕・禅 ご利用プランの例!

ホームページ内に紹介されていた「メンバー様ご利用イメージ」
を紹介します。

東京→日帰り

昼食プラン

11:00東京ヘリポート/ご出発12:35鮨裕・禅/ご到着

— ご昼食 —

14:30鮨裕・禅/ご出発16:05東京ヘリポート/ご到着

東京→ご宿泊

昼食プラン

11:00東京ヘリポート/ご出発12:35鮨裕・禅/ご到着

— ご昼食 —

14:30鮨裕・禅/ご出発16:00ホテル/チェックイン

— ご宿泊 —

翌08:45ホテル/チェックアウト09:00鮨裕・禅/ご出発10:35東京ヘリポート/ご到着

東京→ご宿泊

夕食プラン

16:30東京ヘリポート/ご出発18:05鮨裕・禅/ご到着

— ご夕食 —

21:15ご送迎21:30ホテル/チェックイン

— ご宿泊 —

翌08:45ホテル/チェックアウト09:00鮨裕・禅/ご出発10:35東京ヘリポート/ご到着

まとめ

過疎化が進む地方で高齢化が進みご老人が余生を慎ましく生きている
というのが一般的な世の中ですが、一方で全体からしたら一部の

裕福な人たちがヘリで島の取れたての魚で絶品の鮨を頬ばる。
これもまた世の中の現実でしょうね。

一般庶民はやっかみで「わざわざ東京からヘリコプターで三重くんだりまで高い金のに使い方がうんぬん」と

コメントしてる人がいるのも事実ですが詮無いことですよね。

わたしも、こういう贅沢ができる身分じゃありませんが、強がりでなく
ぜんぜんうらやましくもなんともないですね。

それぞれの人生!

価値観は皆、違います。

そういう楽しみもまた、その人にとっては、働く意欲につながるのかもしれません。

Sponsored Link