台風6号2019(ナーリー)の最新気象庁・米軍進路予想!と 東海・関東への影響は?

台風6号が発生しました。

26日(金)午前9時に潮岬の南南東約430キロで
台風6号(ナーリー)が発生しました。

台風の規模、風速、そして今後の進路予想など各機関の
情報をお知らせします。

Sponsored Link

7/27 AM9時 【最新台風6号情報】土日は東日本中心に大雨・突風に警戒必要!

台風6号は和歌山県潮岬付近に上陸し、25kmほどの速さで北に
進んでいるがやがて進路を東に変え(関東方面へ)太平洋側を

進んで熱帯低気圧に変わり明日には関東に達するみこみです

大雨・突風・雷の恐れ

すでに東日本には台風周辺の雨雲がかかっていますが
今後さらに台風周辺の暖かく湿った空気が入ってくる影響で

大気の状態が不安定になり東日本で、明日昼頃にかけて近畿地方では
今日夕方にかけて雷を伴った激しい雨や大雨となる恐れがあります。

それで、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒、
竜巻などの激しい突風や落雷にも注意が必要です。

野外などでのイベントが多いが黒い雲が近づいたり、雷鳴が聞こえるなど
積乱雲が近づく兆候があったら、躊躇せす、直ちに建物などに入り安全を
確保してください。

強風・高波!

近畿から東日本の特に太平洋側には強い風が吹き、海上は
うねりを伴なってしけるもようです。強風やうねりを伴なった

高波に注意がひつようです。

海岸には不必要に近づかないようにしましょう。

台風6号2019 気象庁進路予想!

中心気圧が1000ヘクトパスカル、最大風速18m,最大瞬間風速は25m
で20kmの速さで北に進んでいます。

この後の進路予想として27日(土)午前には潮岬付近に接近・上陸する恐れがあります。

関東地方と東海地方では26日の夜から風が強まり、海はうねりを見込みです。

東日本太平洋側では大雨による土砂災害や河川の増水などに注意・警戒し、強風や高波に注意
するよう呼びかけています。

7月26日(金)9時の実況

26日09時の実況
大きさ
強さ
存在地域 潮岬の南南東約430km
中心位置 北緯 29度50分(29.8度)
東経 137度05分(137.1度)
進行方向、速さ 北 20km/h(12kt)
中心気圧 1000hPa
中心付近の最大風速 18m/s(35kt)
最大瞬間風速 25m/s(50kt)
15m/s以上の強風域 東側 440km(240NM)
西側 220km(120NM)

7月26日(金)21時の予報!

26日21時の予報
強さ
存在地域 潮岬の南約200km
予報円の中心 北緯 31度40分(31.7度)
東経 135度35分(135.6度)
進行方向、速さ 北北西 20km/h(11kt)
中心気圧 1000hPa
中心付近の最大風速 18m/s(35kt)
最大瞬間風速 25m/s(50kt)
予報円の半径 40km(20NM)

7月27日(土)9時の予報!

27日09時の予報
強さ
存在地域 潮岬付近
予報円の中心 北緯 33度30分(33.5度)
東経 135度50分(135.8度)
進行方向、速さ 北 15km/h(9kt)
中心気圧 1004hPa
最大風速 18m/s(35kt)
最大瞬間風速 25m/s(50kt)
予報円の半径 90km(50NM)

7月28日(日)9時の予報!

28日09時の予報
強さ
熱帯低気圧
存在地域 関東地方
予報円の中心 北緯 35度50分(35.8度)
東経 140度10分(140.2度)
進行方向、速さ 東北東 20km/h(11kt)
中心気圧 1010hPa
予報円の半径 170km(90NM)

 

台風6号2019 米軍進路予想!

東海・関東への影響は?

台風の雨雲や台風の東側(太平洋側)の温かく湿った空気が流れ込むために
近畿地方から関東・甲信地方では26日(金)の夜から28日(日)頃にかけて雷を

ともなった激しい雨が降り大雨となる恐れがあります。

27日(土)12時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で東海180ミリ、近畿150ミリ、関東甲信80ミリです。

さらに28日(日)12時までの24時間に予想される雨量は、多い所で東海100から150ミリ、近畿、関東甲信50から100ミリの見込みです。

その後も東海や関東甲信では28日(日)夜にかけて、さらに雨量が増える恐れがあります。

台風対策グッズ特集!

台風対策グッズ特集!

台風が接近してるが会社・学校は休めない!

強風・雨風が吹いているとなると駅まで、あるいは駅から自宅までの


通勤、通学等が大変ですよね。そこで対策グッズを集めてみました。

台風が来てもあわてない!使えるグッズまとめ特集!!

今年も台風は秋口まで何本も来ると思います。
早めに備えておきましょう。

Sponsored Link