徳光和夫「バスの旅」のロケ中の態度が悪すぎるとバッシングの詳細
Sponsored Link

(この記事は2分で読めます)

『路線バスで寄り道の旅』(テレビ朝日系)での徳光和夫のロケ態度が
あまりにもひどい!!

とネット上で物議を読んでいる。

Sponsored Link

ネット上の反応!

徳光和夫さんロケ中に何をしちゃったの?

『路線バスで寄り道の旅』はレギュラーの徳光和夫と田中律子にゲストが
加わって国内の路線バスを乗り継ぎながら自由気ままに旅をするという番組である。

徳光がバスの中で熟睡するという自由が売りの人気番組となっていたものの少し、調子に乗りすぎた感がありますね。

6月16日の放送で昼食を食べるため入ったレストランで料理を運んできたウエートレスの女性店員のことを

「愛嬌はあるけどあまりきれいじゃないよね」とか
「正直失敗だったな」

一般の人に対して失礼な発言を連発したのである。

さらにはロケ中(つまり仕事中)にもかかわらず大好きという「ボートレース)
に賭け、1R目で2万4千円を台無しにすると「ダメだ」カメラが向いているにもかかわらず舌打ちした挙句 、

自分が賭けて負けたボートが途中で転覆事故を起こしたのを見て「てめぇ泳いで帰れよ!」と激怒したのである。

こうした傍若無人な徳光の態度にネットユーザーは

「レストランの店員さんオンエアを見たらショックを受けると思う」

「ロケも仕事。仕事中に本気でギャンブルをするなんてあり得ない」

「毒舌芸人のジョークのつもりか知らないけど、デリカシーがなさすぎる」

などと批判が続出したのである。

まためと感想

テレビ放送局の世界で長年働いてきた著名なアナウンサーですよね。

少し驕り高ぶった思いがあるのでしょうか?

それとも受けをねらったつもりなのでしょうか?

70歳を過ぎた分別のある年代だと思うのですが、せっかくの名声を
晩年になって汚し肩身の狭い思いをしなくて良いように自重することを

願いたいですね。

Sponsored Link