Sponsored Link

岩田明子 画像

(この記事は2分で読めます)

天皇陛下の即位に伴う祝賀パレードのNHK特番での解説委員で政治部記者の岩田明子さんの「安倍総理大臣」連呼が話題になっています。

政界で安部総理との親密な関係で知られる岩田明子記者が何故安部総理大臣と近いのでしょうか?

そもそも岩田明子さんてどんな人なのか?学歴や経歴と
そして、安倍氏との関係でカギとなる岩田明子さんの父親

についてもリサーチしてみたいと思います。

Sponsored Link

岩田明子の学歴と経歴について

プロフィール

岩田 明子(いわた あきこ)
生年月日:1970年??月??日
出身地:千葉県船橋市
最終学歴:東京大学法学部
職業:政治部記者
ジャーナリスト
活動期間:1996年 – 現在
代表経歴:NHK解説委員
肩書き:政治部記者、解説委員
趣味・特技:歌舞伎、時代劇、AKB48のファン

 

岩田明子の学歴!

岩田 明子さんは千葉県船橋市の出身で小学校は

船橋市立薬円台小学校で学んでいます。
そして中学校ですが、

千葉大学教育学部附属中学校へ進んでいます。
そして高校が千葉県立千葉高等学校へ卒業後

東京大学法学部へ進学しています。
大変な秀才!才女ですね。

大学時代にはテニスサークルと行政機構研究会に所属していました。

岩田明子の経歴!

岩田-明子2 画像

東京大学法学部を卒業後 1996年4月NHKに入局

1996年5月に岡山放送局に赴任 社会部記者として県警本部、地裁、検察を担当。

2000年東京放送センター報道局政治部に異動。内閣官邸記者クラブにて、森喜朗首相、古川貞二郎内閣官房副長官の担当を務め、後の内閣総理大臣である倍晋三を官房副長官時代から担当。

北朝鮮の拉致問題で帰国した曽我ひとみさんや蓮池夫妻、地村夫妻を訪問した際には小浜市や佐渡島まで同行した。

安部晋三総理に最も近い」政治部記者として知られ、安倍総理自身から直接電話が掛かってくるほどの親密な仲だと言われています。

2008年外務省記者クラブに所属し、北朝鮮問題を担当。
2009年、鳩山内閣の菅直人副総理の担当となる。

2013年7月22日付けで政治担当の解説委員となり政治部の記者職と兼務している。

Sponsored Link

担当番組

岩田-明子3 画像

担当番組としては
「おはよう日本」
「ニュース7」
「ニュースウオッチ9」
「クローズアップ現代プラス」
「国際報道」
「解説スタジアム」

などの報道番組でコメンテーターを務めています。

2018年春からは「ニュースシブ5時」の木曜日のレギュラー解説委員として出ています。

岩田明子の父親とはだれ、職業は?

岩田記者と安倍総理の親密な関係は単に「気にいってる」とか
「好感が持てる」といった個人的なものではないように思います。

父親がカギを握っているような噂がありましたので調べてみましたが名前も職業もハッキリとはわかりませんでした、

ですが大変気になる情報を得ることができました。
それは「LITERA」の記事です。

岩田氏と岸家、安倍家との関係は父親の代からとも言われているが、いずれにしても安部が幹事長から官房長官になった頃には岩田氏はわざわざ渋谷区富ケ谷の安部首相の私邸近くにマンションを購入。

そこに移り住んで、私邸に頻繁に出入りをし、安倍と同居している洋子氏から寵愛を受けていた。

引用:https://lite-ra.com

洋子氏とは安部総理の母親で岸元総理の娘になります。

ですから、これは想像になりますが岩田明子記者のお父さんも
政治関係の記者かあるいは政治学者で安部総理の父親である

安部晋太郎元外務大臣の時代から両家は家族ぐるみのお付き合いがあり、安倍総理と岩田明子記者は総理のほうが年上ながら

兄弟のような交際があった、いわば「幼馴染」ではないでしょうか?

いずれにしても、密接な関係にはそのような背景があるように思えてなりません。

そうであれば岩田明子記者が事あるごとに安部総理をアピールするのもわかりますよね。

まとめ

安部総理との関係が気になるNHK解説委員の岩田明子さんについて、学歴や経歴、そして父親についてもリサーチしてみましたが確定的な情報を得られず、申し訳ありません。

しかし、安倍家と岩田家が親しい交際を長年してきたことはわかりました。

あとは、それぞれの想像におまかせします。

最後まで見ていただき感謝します。

Sponsored Link