カラテカ入江の闇営業!ノーギャラは本当か?同業芸人達の見方!
Sponsored Link

 

お笑い芸人カラテカの入江慎也が斡旋し、吉本興行の芸人たちが
振り込み詐欺集団のパーティーに吉本興行を通さず仕事をしたということで、騒動となり、入江慎也は解雇、他の芸人たちは厳重注意の処分を
受けましたが、

この問題は、色々と、いまだ尾を引いていますね。

まず、宮迫博之や田村亮などは「ギャラはもらっていない!」はっきりと
述べていますが、本当にノーギャラで、あのようなパーティーに出向くものか?

という疑問が残ります。

そして、今回の件で「反社会的集団」のパーティーに行って、サービスを提供するような行動は、言い訳のしようがなく、良くない事はあきらかです。

Sponsored Link

カラテカ入江の闇営業騒動!同じ立場の芸人たちのコメントが興味深い!

一方で、他でもやっていたと言われる「闇営業」に関しては、擁護するような声も聞こえてくるんですね。

そこで、彼らと同じ立場の芸人や芸能人の人たちの意見、見方を拾って
みました。

お笑い芸人・キートンのカラテカ入江の闇営業への見方とは?

同じ吉本興行に所属しているキートンは自身のツイッターで、このように、
私見を述べています。

ちゃんと仕事、営業を入れて、ちゃんとしたギャラが振り込まれたら、

闇営業なんて行かねーよな。仕事は入れない、自分で取ってきた仕事に

色々言われる、生活できない、そんな吉本芸人は山ほどいる

とツイート。
その上で、「そこに闇営業の話がきたら、心が揺らぐわな」

と述べている。

番組コメンテーターで漫才コンビ・トレンディエンジェルの斎藤司の所見!

10日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)で写真週刊誌「FRIDAY」が報じた「カラテカ」入江慎也の闇営業疑惑を特集した。

この番組の中で番組コメンテーターのトレエン斎藤司は、

結果的にはやったことはダメだと思うんですけど」とした上で、

入江が忘年会が詐欺グループの会合だったことは、入江が日頃から反社会的グループとの交際を警戒していていたことを引き合いに出し「知らなか

ったと思います」と指摘していた。

加藤浩次のコメントとは?

7日放送の日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜・前8時)でこの日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が報じた「カラテカ」入江慎也の闇営業疑惑を報じた。

MCで同じ所属の加藤浩次は、

入江の場合は、反社会勢力、詐欺グループの人間と入江は知らなかったと言っている、知らなかったと言っているけど入江は5千人の友達がいますと言ってお仕事をさせてもらっている。

いろんな人間が知り合いにいるんですよ、その中に僕分からない人いましたってそれが反社会グループでしたって入江は甘かったと思う。そこはしっかりしなきゃいけない」と指摘した。

さらに参加した他の芸人に対しては、

みなさん来て下さいよって一緒に行ったメンバーもいる。メンバーにしてみたらお金一銭ももらってないというボクの聞いた話では。

お金も一銭もらわないで入江に盛り上げてくださいよって。えぇでってみんなが行って盛り上げた現状を作ってしまった。

お客さんが詐欺グループの人間だってわからないんだよね。だけど行ったメンバーにも若干の甘さがあると思う。ここはしっかりどういう人間だと聞かなきゃいけないといけない」とコメントした。

加えて、吉本興行に関してもコメント

吉本興業にしてみても説明がもっと足りないと思う。

会社としての説明もうちょっとちゃんとした方がいいんじゃないかって。

入江を契約解消にして終わりってことじゃなくて説明を会社としてすべき」と提言していた。

ダウンタウンの松本人志の見解と助言とは?

松本人志(55)が9日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・0)に出演。詐欺グループの忘年会に“闇営業”として吉本芸人を仲介し、4日付で事務所に契約解消された後輩でお笑いコンビ、カラテカの入江慎也(42)に電話で直接“説教”したことを明かした。

これはお前が悪いし、ペナルティーでもしようがない。

おとなしくしとけということしか言えなかった」と論したことを明かした。

また、参加した芸人たちのギャラの件に関しては、

それぞれギャラをもらっていないと主張している点には「正直言うと、僕はないと思う」とキッパリ。

何らかのお金は多分、出ていると思う。

それがどういうふうに分配されたのか分からない」とし、「お金出ずに、あれだけサービスするということはないと思う」と語った。

そして、入江慎也に関して、

入江は女優の蒼井優(33)と結婚したお笑いコンビ、南海キャンディーズの山里亮太(42)と同い年で所属事務所の中堅でもあり、

自身も同じように誘われれば「行く可能性は正直あります。非常に難しい」と語った。

まとめ

反社会的集団への肩入れがとんでもないことは明らかですが、

「闇営業」問題については、擁護したり、「自分も行くかも」など
共感してる部分が仲間の芸人に少なからず、あるようですね。

これは、吉本興行への不満の表明のような気がしないでもありません。

いずれにしても日本のお笑い界をリードしてる吉本興行ですから、
今度の事件を良い機会として、さらに良い方向に変わって行って

欲しいものですね。

騒動が起きた時の記事はこちらです。

>>>カラテカ入江が闇営業とは何?メンバーはだれ?

Sponsored Link