台風8号発生!2019年の進路予想と各地への影響は?

今年はやけに週末ばかりに台風が来るような気がしますね。
今回も週末に影響があるのでしょうか?

詳しく見てみましょう。

Sponsored Link

最新8/5 3時 台風8号進路予想と影響?

台風8号 8月5日(月)3時現在
存在地域   青ヶ島の南南西約330km
大きさ階級  //  強さ階級   //
移動     西北西 30 km/h
中心気圧   985 hPa
最大風速   30 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 40 m/s

台風8号は本州の南を西北西に進んでいます。今後は勢力をいじして西日本に接近し6日(火)未明から明け方にかけて九州に上陸するもようです。

中心付近には風速25m/s以上の風が吹く暴風域を伴っています。

九州南部と九州北部では強い風と猛烈な雨に警戒が必要です。

海上は大しけとなり局地的には大雨になるおそれがあり、四国も
大しけ
になる恐れがあります。

 

8/2日 台風8号の現在の状況と気になる進路の予想は?

8月2日太平洋、南鳥島近辺で台風8号「フランシスコ」が誕生しました。

中心気圧は998hPa 最大風速は18m/s 最大瞬間風速は25m/s です。

台風8号は今後 北北西方面(日本の西日本方面)へ進む予想です。

台風8号は来週の初めに九州へ接近の恐れがあるようです。

進路予想!4日頃 小笠原諸島に接近?早めに備えと対策を!

台風8号の影響をうけるのは、まず小笠原諸島です。
台風は発達しながら進み4日には暴風を伴なって小笠原諸島に最接近

その場合、風が強くなり荒れた天気になりそうです。屋外での行動は極めて危険なレベルの「猛烈な風」が吹き、大荒れとなる可能性があります。

海は急に波が高まり、うねりを伴ない大しけとなりますので高波に警戒が必要です。

また強風や土砂災害、低い土地の浸水と川の増水などにも注意と警戒が必要です。

ですので、接近前の3日までに備えるようにしましょう。
屋外に置いている物、鉢植えやごみ箱、物干しざお等、その他屋内に入れるかしっかり固定するようにしましょう。

進路予想!6日頃 西日本(特に九州方面)南西諸島に台風8号は接近の恐れ!

今度の台風8号は小笠原諸島接近後もさらに発達する恐れがあります。

6日頃には強い勢力の暴風域をともない西日本~南西諸島に接近する恐れがあります。

現時点では来週前半の予報円はまだ大きく、まだ進路は定まりませんが九州地方を含む西日本~南西諸島に接近し大荒れ、大しけになる恐れがあります。

夏休みでレジャーなどで旅行を計画してる方は最新の台風情報をチェックするようにしてください。

台風8号の影響!長引く猛暑と離れたところの大雨にも注意!!

台風8号の影響として気に留めておきたいのは台風が「暖かくて湿った空気」を運んでくることの影響です。

台風が徐々に近づく来週にかけて西日本を中心に気温の高い状態が続き

「猛暑」が長引くことが予想されます。西日本では福岡他で最高気温35度越えが続く恐れがあります。夜も気温が下らず、湿度も高いため熱中症や夏バテに気を付けましょう。

また台風が暖かくて湿った空気を運んでくる影響は離れた地区にも大雨をもたらす可能性があります。台風は反時計回りに渦をまいていますので、

今回は西日本だけでなく東日本の太平洋側を中心に大雨となるおそれがあります。

進路から離れているという事で油断しないでください。海だけでなく山のレジャーを予定してる方も、急な大雨に十分な注意が必要です。

最新の台風情報をまめにチェックしましょう!

2日時点での情報と予報をお伝えしました。

台風の進路によっては、予報が変わる可能性も十分あります。
最新の情報に更新してまいりますので、チェックしてくださいね。

アプリでも確認できます。

tenki.jpアプリなどで状況を確認する!

雨の多くなる所や強風 高波などについて気になりますが

tenki.jpアプリで各地方ごとに確認することができますよ。

スマホなどで見ることができます。

日本気象協会公式 tenki.jp

通勤時の台風対策グッズ特集!

台風対策グッズ特集!

台風が接近してるが会社・学校は休めない!

強風・雨風が吹いているとなると駅まで、あるいは駅から自宅までの

通勤、通学等が大変ですよね。そこで対策グッズを集めてみました。

台風が来てもあわてない!使えるグッズまとめ特集!!

Sponsored Link